お金を持つ人

サービスの利用を検討する

女の人

保証内容に注目する

家賃保証は、保証人を必要としない物件が増えている今人気のサービスです。住人が家賃を支払わない場合に代わりに支払ってくれるのでオーナーにとってとても助かります。ただ、保証してくるサービス内容は各社違います。もし家賃滞納者が失踪してしまったら荷物などが置かれたままになっているケースがあり、それを処分する必要が出てきます。この処分費用なども保証に含まれるかどうかもきちんと見ておく必要があります。もちろん、そこまで保証してもらう必要はないということであれば、条件に含める必要はありません。そして家賃保証会社を選ぶさいにはきちんと比較検討し、その賃貸物件に合ったサービスを適用するべきです。そして保証会社自体もきちんと運用されている会社かどうか最初に見極めることが肝心です。

会社とサービスの特徴

家賃保証会社にはそれぞれ特徴があります。規模も従業員数も様々です。大手であれば拠点が20カ所以上、400名以上の従業員を抱えています。資本金も億単位あります。家賃保証料は初回と更新で異なることがほとんどです。家賃の半分としていることもあれば、一万円と一律となっていることもあります。また、これらの料金をある程度融通をきかせてくれることも可能です。表のサービスだけを見ずに、相談して決めたほうがいいでしょう。免責期間、原状回復費用に残置物処理費用、明け渡し訴訟費用などひと口に保証と言ってもさまざまな内容があります。最適な保証内容と料金を選択できるよう、最初に掛け合うことが大切です。任せっぱなし、パッケージサービスで決めてしまってはもったいないです。